脱毛サロンや脱毛クリニックの選ぶ際に考慮すべき点

脱毛に関して、自己処理では、部位によっては、難しく、一回、脱毛処理をしてしまえば、効果が永続的、もしくは、半永続的に期待できそうな場合、脱毛サロンや、病院の皮膚科、脱毛クリニック等の医療機関で、施術や治療を受ける方が、望ましいかもしれません。

本コラムでは、この際に、どのような観点で、脱毛サロンや脱毛クリニックを選定すべきかについて取り上げます。

もちろん、このような情報は、最近では、ウエッブやスマートフォーン等ネット上で、検索するのが、一番手っ取り早いのかもしれませんが、まずは、大局的な目の付け所について触れていきます。

■脱毛技術の進化の状況を注視する

永久や半永久的な脱毛処理では、レーザー光線等で毛根やその基底にある毛乳頭を破壊することで、ここまでは、現在の治療や施術に反映されていますが、さらに、これらの毛根や毛乳頭を生成する毛包幹細胞を破壊する技術も注目され始めており、これに関しては、まだ、研究段階にあるようです。

従いまして、現段階では、完全な永久脱毛は、難しそうなのですが、明日のことはわかりませんので、本当に、このような完全な処置を望まれる場合は、このような動向を注視していくことがよさそうです。

また、これとは逆の観点で、レーザー光線による脱毛では、身体に影響を及ぼすとのこともあり、これを和らげるキセノンフラッシュ光による施術もあり、これは、簡単に言えば、照射時間を点滅により短くして、実際の光線の照射時間を自在に調整することにより、施術の効果を保持しながら、施術の際の痛み等人体に与える影響を緩和することを可能ならしめる画期的な技術です。

このキセノンフラッシュ光では、正式の医療機関でなくても、たとえば、脱毛サロンのレベルでも、最近では、取り入れられており、このような動向にも注視する必要があります。

■脱毛サロンや脱毛クリニックの技術レベルや施術や治療のポリシーに注目する

たとえば、上述のレーザー光線はやはり、永続性においては、完全ではなく、しかも、施術の際に痛みを伴う等のリスクがあるとすれば、キセノンフラッシュ光による施術は、正式の医療機関でなくても、たとえば、脱毛サロンのレベルでも、最近では、取り入れられており、このような施術が可能な治療器具がある脱毛サロン等を選定の候補に入れるのも一つの考え方です。

■最後は、自分自身の直感を信じる
脱毛の施術や治療の技術動向を自分なりにできる限り調べ、脱毛サロンの無料カウンセリングを受けながら、自分自身の状況を踏まえて、これを見直し、レベルが合えば、脱毛カウンセラーやエステティシャンの話を聞きながら、脱毛の具体的な取り組みを考えていくことがよさそうです。

この場合、最終的には、このような全体像のイメージを描きながらも、最終的には、自分自身の直感を信じることが大切かもしれません。